登録販売者 労働環境

登録販売者の労働環境を知ろう

登録販売者,労働環境

ドラッグストアでアルバイトやパートを行っている人は多いでしょう。特に主婦の人がパートとして、働くことがおおい職場だといえます。薬などを置いてありますが、基本的には普通のアルバイトはあつかってはいけないものです。これらをあつかうことができるのは、薬剤師か登録販売者になります。 今までは、普通のアルバイトだった人でも資格を取得することで労働環境が変わることもあります。その一番の影響を受けるのが時給のアップです。いままでよりも数百円の時給アップが期待できるでしょう。登録販売者は都道府県の試験を受けるだけなので、国家資格を取得するような難しい考えをする必要がありません。 学歴によっては、実務経験が必要になるので注意が必要です。資格を取得して働くことによって、仕事を通じで多くの知識を身につけることができます。あつかえる薬は限定的なものですが、多くのちしきをもっていれば、その後の仕事のステップアップをすることもできます。将来的なものを考えると、ドラッグストアで働く人は登録販売者として働く道を考えてみるといいでしょう。 仕事を探す場合には、専門のサイトもあるので、利用してみるといいでしょう。条件が優れている職場も見つかるはずです。 250

登録販売者とはどんな仕事内容なのか

登録販売者,労働環境

登録販売者とはドラッグストアでせき止めの薬をほしいと伝えたら、それに対しての薬をお勧めしてくれる人がそうです。 以前はその業務は薬剤師しかできませんでしたが、制度が変わり、一般の医薬品は登録販売者でも推奨、販売が可能になりました。 OTC薬と呼ばれる一般医薬品は普通にドラッグストアに行って自分自身で症状を判断して買う手軽さがあるので、医療用医薬品より成分が少なかったり、効果がまろやかだったりするわけですが、副作用があるわけではありません。成分の飲み合わせによっては体に良くない副作用が出たりするので、複数の薬を持ってきた人に対して一緒に飲まないようにご案内をしたり、「即効性のある鎮痛剤がほしい」とかお客様の要望にお答えし、最適なお薬をご案内したりするのが主な仕事内容です。 結構専門的な業務なので、それなりの知識が必要です。薬の成分の効能や副作用をちゃんと理解してないとお客様にご案内できませんので、登録販売者は学生なみに勉強しないと資格取得はかなり大変です。 ただ、登録販売者はカウンターでずっとご案内をしていればいいわけではなく、ドラッグストアだと薬以外に雑貨や化粧品、食品といろんなものを販売してますので、それらの納品、発注や売場作りなどもあるわけです。この辺はコンビニやスーパーと同じ業務になります。重い箱を持ち運んだり力仕事も多いので、違う意味で体力はかなり必要です。 251
2014/11/09 06:23:09 |
登録販売者とは、今まで薬剤師にしか認められていなかった一般用の医薬品の販売を、新しく行うことが出来るようになった資格保持者のことです。但し、すべての医薬品の販売が出来る訳ではなく、第二類および第三類医薬品に指定されています。また、資格も必要で、都道府県が行う公的な試験に合格する必要があります。この登録販売者を目指している場合、どれぐらいの休暇をもらうことが出来るのか、疑問に思うことも多いはずです。登録販売者の勤務先は、ドラッグストアが主となります。そのため、ドラッグストアによって大きく異なってきますが、基本的に週休2日制であったりすることが多いです。また、休暇は、年始はありますし、夏期は交代制...
登録販売者の休暇についての続きはこちら
2014/11/08 20:53:08 |
登録販売者は現代の日本において、薬剤師に代わる医薬品販売のエキスパートとして扱われるようになりました。こうした人々の登場はドラッグストアなどの市場において、人的コストの削減などで大きく貢献することとなりました。現在であっても登録販売者という人材への需要は高く、今後も需要は高くなっていくと考えられていますが、こうした登録販売者の人が感じるストレスとはどういったものがあるのでしょうか。まず多くの人が感じるのが「薬剤師との比較」という点です。これまでドラッグストアなどで医薬品を販売するのは薬剤師の業務でしたから、登録販売者はその「代替品」として扱われているという事実が少なからずあります。そうした状況...
登録販売者が感じるストレスってどういったもの?の続きはこちら
2014/11/07 17:12:07 |
ドラッグストアなどで販売されている一般用医薬品は、薬剤師の資格をもつ人にしか取り扱うのは許可されていませんでしたが、2009年に薬事法が改正されたことにより、第2種と3種の薬を販売できる「登録販売者」という新しい資格制度が創設されました。第1種の医薬品は、通常通り薬剤師でないと販売はできませんが、ドラッグストアなどで販売されている9割の薬は今回の資格で販売できる第2種と第3種で占められています。そのため、全国のドラッグストアチェーンや医薬品販売業に参入するコンビニエンスストアでこの有資格者の積極的な採用や資格手当などの待遇に力を注ぐところが増えています。この資格は、都道府県が国から委託されて、...
登録販売者とその手当についての続きはこちら
2014/11/06 15:21:06 |
近年、医師不足と共に深刻な問題が、薬剤師の不足です。この社会背景として高齢化社会に伴い患者の急増、そしてそれに対応できない病院側の受け入れ拒否などが現実として行われています。こうした問題は厚労省を中心に早急に解決していかなければならない問題です。そうした中、薬剤師は院外処方がメインになってきていますので、院内勤務の方は人員削減対象になり、辞めていかざるを得ない状況となっています。しかしその人員削減の結果、逆に一人当たりの仕事量が増加傾向にあり、超過勤務の状態で現場は悲鳴を上げてるに等しい状態となっています。そして、そうした事を理由に辞めていった人は、調剤薬局やドラッグストアー等に転職する人が多...
登録販売者資格が必要なドラッグストアーの有給消化率の続きはこちら
2014/11/05 12:30:05 |
転職を考えたことがある人、あるいはまた働きに出たいと考えている主婦の人などは、薬剤師という仕事の高待遇・高時給に一度は惹かれたことがあるのではないでしょうか。しかしながら、薬剤師という資格を日本で取得するには、膨大な費用のかかる6年制の薬学部でみっちり勉強して卒業した後、国家試験に合格しなげればならない、という難関が待っています。そこで、薬剤師へ興味を持ったたいていの人の希望は削がれることになります。一方、その難関の背景も手伝っているのかもしれませんが、近年の日本では薬剤師が人材不足になりつつありました。そこで新たに設置されたのが、登録販売者という資格です。登録販売者は、「薬を販売することので...
薬剤師の人材不足を補う登録販売者の続きはこちら

このページの先頭へ戻る